おかえりなさい、ピアノの世紀へ。
世界から日本から、ピアノ音楽の現在と未来に出会うフェスティバル。

今年の開催について

隔年開催のザ・ピアノエラ、本来は今年2021年の秋に開催予定でしたが、今年の開催を見送ることにいたしました。

ザ・ピアノエラは“今聴くべき世界のピアノ音楽”を紹介するコンセプトを掲げており、様々な国・地域からアーティストを招聘することをフェスの背骨としています。世界中がパンデミックに向き合いワクチン接種を進め活動再開が徐々に進んでいますが、海外から日本への入国条件、入国時・滞在中・帰国時の検疫体制と行動制限は依然として厳しい状況です。今の状況では招聘できる国や地域、アーティストにも偏りが出てしまうため、フェスのコンセプトを全うできないと判断しました。

今だから、どんな形でも様々なピアノ音楽に触れる意義ももちろんあります。検疫や制約を受け入れて来日してくれるアーティストだけでプログラムを組むこと、配信やハイブリッドや遠隔演奏、国内アーティストでのみの開催も検討しました。様々な開催可能性を考え、日々の感染状況を見、お客様が心からワクワクし楽しんでいただける環境が作れるか、アーティストやスタッフに負担をかけることにならないか、考えてはそれが今の最善なのか迷い続けました。
その結果、一切の気兼ねや不安が無く、以前のように多様な国・地域からアーティストを招聘し様々な世界のピアノ音楽を生で感じ取っていただく日を一日でも早く迎える、それを最優先することにしました。

ザ・ピアノエラは隔年開催なので通常であれば次の開催は二年後、2023年になります。今年何かしらの形で開催すると二年後になりますが、会場のめぐろパーシモンホールにご理解いただき、来年会場を使用させていただけることになりました。

ザ・ピアノエラは一年後、2022年11月に開催します。

楽しみにしていただいている皆さんをさらにもう一年お待たせするのは本当に心苦しい気持ちで一杯です。どうか楽しみは来年まで取っておいてください。

できれば来年秋の本開催前にも関連イベントを行いたいと考えています。できるだけ早く世界から日本から素晴らしいピアノ音楽をお届けするために。

一年後に自信を持って開催のアナウンスができるよう務めます。それまで皆さまどうかお体には十分お気を付けて。

来年2022年にお会いしましょう。

Announcement

THE PIANO ERA as a biennial event was originally scheduled in the fall of 2021. But we unfortunately have to postpone this year’s edition.

THE PIANO ERA has for concept to present "the actual piano music from the world” by inviting artists from different countries and regions.

The world is facing a pandemic, and if vaccination is progressing, the conditions for entering to Japan from overseas, the quarantine system at entry and return, and the restrictions during the stay are still extremely strict. In the current situation, the selection of the artists can’t be done in fair conditions, so we think that if doesn’t fit with the purpose of the festival.

It is of course meaningful to stay connected with piano music, especially in this time. We have examinate many different possibilities of programs such as a line-up of artists accepting the various quarantine regulations and restrictions to come to Japan, or hybrid programs including online diffusions and live performances, or even a stage program with domestic artists only.

Considering those various possibilities and following the daily infection situation, would it be possible to create an environment where everyone can truly enjoy the music? Wouldn’t it be a burden for the artists and the staff? No clear answer could appear.

We have decided that our priority should be to keep our concepts, by working from now on the introduction of artists from all over the world, as we did in the past, and without any hesitation or anxiety.

Normally next edition of THE PIANO ERA should take place in 2023, but with the kind understanding of our venue the Meguro Persimmon Hall, we will be able to organize it next year.

Next THE PIANO ERA will be held in November 2022.

It is really painful to ask everyone to wait another year, but we are working on proposing events even before the main festival next fall, to deliver wonderful piano music from Japan and from the world, as soon as possible.

And we are already working with confidence in next year edition.

Please stay safe and see you in 2022.

News お知らせ

Mail Magazine メールマガジン

ザ・ピアノエラ関連を始め、ノーヴァスアクシス・NRTより公演やCDリリースのお知らせをお送りいたします。